ホーム > 無料メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

店舗への集客にネットを活用 ケータイの活用

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2005/12/16━━━━
       eビジネスノウハウマガジン
         店舗への集客にネットを活用 ケータイの活用
      編集・発行:アイティ総合研究所 http://www.itri.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
登録・解除は http://www.itri.co.jp/007.html
まぐまぐの方は http://www.itri.co.jp/mag2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
こんにちは、アイティ総合研究所の坪内です。
新しく登録していただいた方、はじめまして よろしくお願いします。
いつもお読みいただいている方、ありがとうございます。
年末に自宅を引越します。
引越会社を探すのにもやはりネットを使いましたが、問合せはネットから
ではなく、電話でしました。
電話の対応をみるためです。
ネットはあくまでもツールの一つ。
いくらお金をかけていいホームページを作っても、電話の対応が
悪ければ全て水の泡です。
あなたの会社は大丈夫ですか?
 
〜〜〜目次〜〜〜

■アンケート
■店舗への集客にネットを活用 ケータイの活用
 
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アンケート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月からYahoo!の検索の仕組みが大きく変わりましたが、前回は、
『Yahoo!の検索システムは使いやすくなったと思いますか?』
というご質問をさせて頂き、39名もの方にご回答を頂きました。
ありがとうございます。m(_ _)m
 
その結果は・・・
今からの質問に答えて頂いた方だけが結果を見れるようになっています!
ぜひ答えてくださいね。
 
■今回のご質問です。
冒頭にも書きましたが、ホームページに問合せフォームがあっても、電話で
問合せをする人は意外と多いのではないかと思っています。

さて、あなたはどうですか?
ホームページを見て、問合せフォームがあっても、
電話で問合せをしたことがありますか?

 該当する答えの下にあるURLをクリックしてください。
  (軽くクリックするだけでおしまいです
   特にアドレスなどを記入する必要はありません)
■ホームページを見て、電話で問合せをしたことがありますか?
 A.問合せは電話を使うことが多い
   ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans0512.html?a
 B.電話で問合せをしたことがある
   ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans0512.html?b
 C.電話で問合せをしたことはない
   ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans0512.html?c
 D.問合せ自体をしたことがない
   ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans0512.html?d

アンケートに答えると、前回の結果が見れますよ。
ぜひご協力お願いします。

この結果はまた次回ご報告させていただきます。
 
 感想はこちら ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans01.html?m0512
    もしくは ⇒ info@itri.co.jp
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■店舗への集客にネットを活用 ケータイの活用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
商圏が狭い業種ではインターネットがどれだけ効果があるのか
効果を上げるにはどうすればいいのかということについて
書かせていただいております。
前回号までを読んでいない方は
店舗への集客にネットを活用1
http://www.itri.co.jp/mmsample/s0507.html?m0512
店舗への集客にネットを活用2
http://www.itri.co.jp/mmsample/s0508.html?m0512
店舗への集客にネットを活用3
http://www.itri.co.jp/mmsample/s0509.html?m0512
店舗への集客にネットを活用4
http://www.itri.co.jp/mmsample/s0511.html?m0512

そして、商圏が狭い場合は、どういった方法で集客をしていけば
いいのでしょうか?ということで、4つのキーワードを上げました。

・メディアミックス
・スタッフへの意識統一
・検索エンジン対策
・ケータイの活用

今回はその中から「ケータイの活用」について書きたいと思います。

今や持っていない人を探すのが難しいという状態の携帯電話ですが、
2005年度末には国内の普及率が70%を超えるといわれています。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0412/15/news080.html
そしてその携帯電話のほとんどにインターネット接続機能がついていて、
携帯電話を使って、ホームページを見たり、メールを送受信することができます。
こんなに普及しているケータイを利用しない手はありません。

では、ケータイは、パソコンと比べてどんな特徴があるでしょう?

●短所
・画面が小さい
  一度に判読できる文字数が少ない
  大きな画像が表示できない
・メールの文字数制限
  ドコモでは250文字
・パケット料金がかかる
  現在のようにインターネットが爆発的に普及した要因のとして、
  常時接続ができるようになったということは非常に大きいと思います。
  たとえ安い金額であったとしても、接続すればするだけ費用がかかると思う
  と、何とか早く接続を切ろうという意識が働いてしまいます。
  それが「いくら接続しても料金は同じ」であればじっくり見ようという気持
  ちになります。

しかし、今後はケータイの接続料金も定額になったり、パソコン用のホームページ
がそのまま見れるケータイが発売されたりで、短所はどんどん減ってきています。
 
●長所
・持ち運びできる
  友達に見せることも簡単なので口コミがおきやすい
・常に持ち歩いている
  いつも身に付けているものなので、メールが届くとすぐにわかります。
・すぐにつながる
  常に電源が入っている状態なので、パソコンのようにいちいち起動させる
  必要もないし、メールも即時に受信できます。
・そのまま電話がかけられる
  サイトやメールに書いてある電話番号から直接電話がかけられます。

これらはケータイならではのメリットですね。

ケータイクーポンなどもどんどん広まっていますし、ケータイ向けのメール
マガジンをうまく使えれば、口コミも広がりやすいです。
特に子育てに忙しい主婦層は、パソコンは使わなくても、ケータイでの情報
交換は頻繁に行っているようです。(私の妻とか)
商圏の狭い、飲食店・小売店・エステ・治療院などの施設では、ケータイの
恩恵を受けるシーンは多いと思います。
これからケータイもさらに進化していきますので、
今のうちに取り組みを始めるべきですね。


━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
12月23日に引越予定です。
引越しで一番心配なのは、ちゃんとインターネットにつながるかどうかです。
こんな仕事をしていると、インターネットにつながっていればどこでも仕事が
できますが、つながらないと仕事になりません。
昔から私のメルマガを読んでくれている方は、以前Yahoo!とすったもんだが
あったのをご存知だと思いますが、今回はそんなことがないことを祈ります。
今年もあと残すところ2週間あまり。
今年のメルマガはこれが最後になります。
1年間大変ありがとうございました。
風邪などひかないように、よいお年をお迎え下さい。

 感想はこちら ⇒ http://www.itri.co.jp/melmag/ans01.html?m0512
    もしくは ⇒ info@itri.co.jp

━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
----         アイティ総合研究所では、         -----
----   インターネットを使った、「売上アップ・集客アップ」  -----
----           のお手伝いをしています。       -----
  資料請求・問合せは
    →  http://www.itri.co.jp/siryo.html
         ------ メールの転送大歓迎です! ------
     ------ メールは編集せずにそのまま転送してね ------
編集・発行:アイティ総合研究所           編集 坪内利文
http://www.itri.co.jp/
mailto: info@itri.co.jp
◇◆━━━Copy Right & Copy Allright Reseaved 2005 ITRI,inc━━━◇◆

登録

登録されたい方は、メールマガジン登録のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。

解除

購読を解除されたい方は、配信解除のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『解除』ボタンを押してください。

変更

購読のメールアドレスを変更されたい方は、新しいメールアドレスで登録された後、古いメールアドレスを解除してください。

メールマガジン登録

E-MAIL

メールマガジン配信解除

E-MAIL



   ご相談されたい方 費用を知りたい方

メールマガジン バックナンバー

ページトップへ