ホーム > 無料メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

産直でないのは不利?


豊中松前昆布
東良 隆輝さん



大阪府豊中市で昆布などをインターネットで販売されている【豊中松前昆布】の東良さんにお話をお聞きしました。

豊中松前昆布さんのメインの商材は羅臼昆布になります。
羅臼昆布というと、産地は北海道の羅臼町です。
食材のインターネット通販というと一般的なのは産地から直接全国に配達するという産地直送型ですが、豊中松前昆布さんは北海道からは遠く離れた大阪の豊中市にあります。

北海道の羅臼で羅臼昆布を販売するのに比べて大阪で販売するというのは圧倒的に不利に感じますよね。

今回は、この
■北海道の商材を大阪で売るのは不利?
という疑問と、
■架空の人物「榮業中」さんが書くメールマガジンとは?
■成約率アップの鍵「21日間顧客フォローメール」とは?

の3点にスポットを当ててお話をお聞きします。

●豊中松前昆布
http://www.kobuya.net/




■北海道の商材を大阪で売るのは不利?


豊中松前昆布さんのメインの商材は羅臼昆布になります。

羅臼昆布というと、産地は北海道の羅臼町ですが、豊中松前昆布さんは北海道からは遠く離れた大阪の豊中市にあります。

北海道の羅臼で羅臼昆布を販売するのに比べて大阪で販売するというのは圧倒的に不利に感じますがどうなんでしょうか?
豊中松前昆布の東良さんに直接聞いてみました。


「確かにそう思われるかも知れません。
私がメーカーであれば北海道にいる必要がありますが、私は仕入れて販売する小売店です。 お客さまに絶対にオススメできる商品を探してお客さまに買っていただく「目利き」の役目をしているので、場所の問題はそれほど気にはしていません。」


つまりお客さんは、羅臼昆布ならなんでもいいと思っているわけではなく、本当においしい羅臼昆布を買いたいと思っているわけです。
本当においしい羅臼昆布を紹介してくれる東良さんの「目利き」と東良さんの人間性を信用して購入しているわけですから、東良さんがどこに住んでいようとあまり関係がないということですね。


インターネットが普及した現在は、情報が氾濫しています。
検索エンジンで検索すると何千、何万というホームページがヒットします。
これだけ情報が氾濫すると顧客はどれを買っていいのか、何を信用していいのかわからなくなります。

そうなると顧客は、まず信頼できるお店(人)を探します。
そして、このお店(人)は信頼できると確信すると、今度はそのお店(人)が、自信を持って勧める商品であれば間違いないはずだと、信用して買うようになるわけです。

だからお客さんに信用してもらえれば商品がたくさん売れるようになります。
しかし一方で、お客さんの信頼を一度でも裏切ると、二度と買ってもらえなくなってしまうという怖さもあります。




■架空の人物「榮業中(えいぎょうちゅう)」さんが書く
  メールマガジンとは?


豊中松前昆布さんのメルマガはとても楽しい、笑わせるメールマガジンです。
ある意味本当に売る気があるのかと思わせるほどです。
そのメルマガを書いているのは、「榮業中」という架空の人物です。

東良さんはもともと楽しいメルマガ、読者に思いっきり笑ってもらえるようなメルマガが書きたいという思いがあったそうです。
しかし、店主の東良さんが自分でそれを書いてしまうと「このお店は本当に大丈夫か?」と不信感を買ってしまう恐れがあります。

そこで、「榮業中」という架空の人物に、店主のやりたいことを代弁させているわけです。

メルマガには店主の東良さんも登場しますが、東良さんはどちらかというと堅物という設定です。

それによって、榮業中さんはあくまでも楽しさを追求し、店主は堅物というキャラクターの設定で二人で掛け合いをさせることもできるわけです。

どんなメールマガジンか気になる人はとりあえず登録してみましょう。
⇒ お笑いメルマガ購読




■成約率アップの鍵「21日間顧客フォローメール」とは?

売上が月商100万円をなかなか超えられなかったときに勉強会で顧客のフォローということを勉強し、ひらめいたのが「21日間顧客フォローメール」というものだそうです。

ネットで昆布を買うという顧客層はまだまだ限られるそうで、一度商品を買っていただいたお客様にいかにリピーターになって頂くかということがとても重要なんです。

今までは、

・ご注文時に「ご注文ありがとうございますのメール」
・商品発送時に「商品配達のメール」
・商品の到着
・到着後に「ありがとうございましたのメール」


程度の顧客フォローだったそうですが、勉強会後は顧客フォローの大切さを痛感し、注文があったお客様に対してご注文後の21日間に5回のメールで細かくフォローをするようにしたそうです。これが「21日間顧客フォローメール」です。


・ご注文時に「ご注文ありがとうございますのメール」
・商品発送時に「商品配達のメール」
・到着後に「到着確認のメール」
・到着後しばらくして「商品には満足してもらえたかどうかのメール」
・そして21日後に「商品に満足できなかったら料金はお返ししますのメール」


これらの一連のメールを送ることにより、顧客に「豊中松前昆布」というお店の印象を
強く与えることができ、商品がなくなるころにまたメールでお店を思い出すという効果もあります。

このフォローメールを始めてから一気にリピート率がアップし、月商100万円を突破したそうです。

ただ、5回ものメールを注文してくれたすべてのお客様に別々に送るということは簡単なことではありません。

一昨日10件、昨日5件、今日8件と毎日違うお客様から複数の注文があるわけですから、
1回だけのメールであればいいですが、5回も送るとなると、今現在誰に何回目までのメールを送っていて次はいつ誰に何回目のメールを送ればいいのか、だんだんわけがわからなくなってしまいます。
同じ人に同じメールを2回送ったり、送り忘れたりしてしまい、すぐに送るのをやめてしまうでしょう。

そこで東良さんは、これらの複数のメールを自動的に送ることができるシステムを導入しました。
あらかじめ1回目から5回目までの送信メールの内容と送信タイミングを設定しておき、注文時に登録すると、あとはこのメール送信システムが自動的にメールを送ってくれるわけです。

これで同じ人に同じメールを2回送ったり、送り忘れたりすることはありませんね。


この仕組みはまさに弊社のASPサービス「追客くん」と同じ仕組みです。
実は取材をさせていただくまで豊中松前昆布さんでこのような仕組みを利用されているとは知りませんでしたが、この話を聞いて追客くんのようなメール配信システムの効果の高さを改めて確認することができました。

現在はこのシステムにさらに1段階追加して、顧客に対してより適切なメールを送るようにしているそうです。

今後のますますの売上げアップに期待したいですね。


東良さん、取材へのご協力どうもありがとうございました。
これからもどんどん楽しいメールマガジンを書いて笑わせてください。

※豊中松前昆布さんが利用されているシステムは「追客くん」ではありません。




【豊中松前昆布】さん

人気のお笑いメールマガジンの登録は こちら⇒ お笑いメルマガ購読

「21日間顧客フォローメール」を体験したい人は、 一度何か購入してみては?
⇒豊中松前昆布
小さな商品でも「21日間顧客フォローメール」を体験できるそうですよ。


登録

登録されたい方は、メールマガジン登録のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。

解除

購読を解除されたい方は、配信解除のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『解除』ボタンを押してください。

変更

購読のメールアドレスを変更されたい方は、新しいメールアドレスで登録された後、古いメールアドレスを解除してください。

メールマガジン登録

E-MAIL

メールマガジン配信解除

E-MAIL



   ご相談されたい方 費用を知りたい方

メールマガジン バックナンバー

ページトップへ