ホーム > 無料メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

戦略と戦術


 戦略は自分で立てる

「戦略」とは、自分で考えなければならない会社の根本になるもので、「戦術」は、テクニックです。

戦術は社員や外部に「丸投げ」することもできますが、戦略は自分で考えなければならないものです。

しかし、この戦略と戦術を混同してしまうケースがよくありますので、整理しておくことが必要です。

戦略とは、どんな顧客にどんな商品をどのように販売していくかという、長期的かつ全体的立場に立った計画です。

これがしっかりしていないと、一貫性を持って目標に進んでいくことができませんし、顧客に対して訴えかけることができません。これをコンセプトと捉えます。

その上で、具体的にどのような方法(手段)で目標を達成するのかということが、戦術です。これはいわばテクニックにあたります。


もちろん「戦略=コンセプト」「戦術=テクニック」ではありませんが、戦略と戦術というよりも、コンセプトとテクニックといったほうがわかりやすいと思ったので、このように書いてみました。

ホームページを運営していく上でも、戦略(コンセプト)と戦術(テクニック)はどちらも大切です。どちらが抜けてもうまくいきません。


もちろんどちらも大切ですが、順番としては当然まず戦略(コンセプト)を明確にする必要があります。

戦略(コンセプト)を明確にしないと戦術も考えられませんからね。
そして、コンセプトを明確にした上で、じゃあどんな方法でそれをやるのかを考えます。

しかし、このどちらもがぼやけていているサイトが多くあります。


  • とりあえず自社でできることは全部ホームページに載せておいた。
  • 何かで引っかかるかもしれないのでキーワードをたくさん入れてみた
  • とりあえずプレゼント企画をやって顧客リストを集めてみたけれど、そのまま何も使っていない
などなど


検索エンジン対策でも、上位に表示されること自体が目的になってしまい、それを何の為にやっているのかということが忘れられてしまっていることもあります。

検索エンジン対策は、あくまでも売上げアップのために、見込み客にホームページに来てもらうためにやるのであって、いくら検索エンジンの上位に表示されても、見込み客がやってきて売上げがアップしなければ意味がないわけです。



検索エンジン対策は何のためにするのか

検索エンジン対策を行っている人は、

  • 何のために検索エンジン対策をしているのか?
  • そのキーワードは間違っていないのか?
  • 検索エンジン対策以外にやらなければならないことをやっているか?

再度確認してみましょう。


サイト(ホームページ)制作の打ち合わせでお客様と話をすると、なんとなく売上をアップしたいとは思っているけど、何が売りたいのか、何をPRしたいのか、自分でもよくわかっておられない方が多いようです。答えはもちろん自分の頭の中にあるのに、整理できていないためにわからなくなってしまっているのです。


ホームページの制作の過程でお客さまにヒアリングをするのですが、
「坪内さんと話をすると、自分が何がやりたかったのかわかった」とか
「話をしているとアイディアがどんどん湧いてくる」といわれることがよくあ
ります。

それは、私が何かを教えたからではなく、自分の頭の中が整理できてきたからです。


ホームページの制作会社の中には、いきなり、よくあるホームページのパターンにあてはめてデザインサンプルを出してきたり、見た目ばかりに気を使っている制作会社も多いです。

でも、私はまず、コンセプトを明確にすることに時間をかけます。コンセプトを明確にしないことにはメニューもコンテンツも決まりませんから、デザインなんてできるはずがないと思っているからです。

また、お客様の中には、制作会社から出せと言われた資料だけを出しておけばそれなりにかっこいいホームページができあがってくるだろうという意識で制作を依頼してくる方もおられます。

「自分はホームページのことはよくわからないから任せるよ」とか
「よくある感じでかっこよく作ってよ」とか
「パソコンに詳しい担当者と話をしてよ」なんて言われることもあります。

ホームページを作るうえで一番大切なのはコンセプトをはっきりさせることですから、これを明確にできるのは社長だけなんですね。それを制作会社や新人の担当者に任せてしまっては、うまくいくわけがないですよね。




以下は、打ち合わせのときに私がよくする質問です。


  • ホームページ立ち上げの目的は何ですか?
  • ターゲットとなるお客さんは誰ですか?
  • 自社の強みは何ですか?
  • お客さんはどうしてあなたの会社から買うのですか?
  • 今のお客様は何がきっかけでお客さんになりましたか?
  • 継続して依頼してくれるのはなぜですか?
  • 一番売りたい商品は何ですか?
  • それはなぜですか?


こういった質問に答えていくことで、私は何もアドバイスしなくても、自分の頭の中が整理できて、答えが見えてくるようです。そして戦略が立てられます。戦略は自分で立てるものです。戦略を立てるのにインターネットの知識はいりません。


その上で、インターネットではどういうテクニックを使ってこれを実行すればいいかということは、その道の専門家に聞けばいいのです。


また、戦略がしっかりしていれば、何かトラブルがあったときや迷ったときに、戦略に照らして考えれば、答えがはっきりします。


さて、ではもう一度自分に確認してみましょう。


  • ホームページ立ち上げの目的は何ですか?
  • ターゲットとなるお客さんは誰ですか?
  • 自社の強みは何ですか?
  • お客さんはどうしてあなたの会社から買うのですか?
  • 今のお客様は何がきっかけでお客さんになりましたか?
  • 継続して依頼してくれるのはなぜですか?
  • 一番売りたい商品は何ですか?
  • それはなぜですか?


登録

登録されたい方は、メールマガジン登録のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。

解除

購読を解除されたい方は、配信解除のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『解除』ボタンを押してください。

変更

購読のメールアドレスを変更されたい方は、新しいメールアドレスで登録された後、古いメールアドレスを解除してください。

メールマガジン登録

E-MAIL

メールマガジン配信解除

E-MAIL



   ご相談されたい方 費用を知りたい方

メールマガジン バックナンバー

ページトップへ