ホーム > 無料メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

プラスチック成形

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2002/ 8/29━━━━
           第一プラスチック株式会社
eビジネスノウハウマガジン
〜eビジネス実践者の生の声〜
     編集・発行:IT総合研究所 http://www.itri.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
登録・解除は http://www.itri.co.jp/007.html
まぐまぐの方は http://www.itri.co.jp/mag2.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
こんにちは、IT総合研究所の坪内です。
このところ公私にわたり大忙しですが、メールマガジンはがんばって配信しま
すよ。感想も聞かせてくださいね。
感想はこちら→ http://www.itri.co.jp/melmag/ans01.html

〜〜〜目次〜〜〜

■eビジネス実践者の生の声 第7回 
      第一プラスチック株式会社 松田 雄一郎 様
■検索エンジン攻略セミナーの参加者から うれしいご報告
■ログ解析サービス無料おためしキャンペーン!
■IT処方箋  〜〜〜〜IT導入の成功事例・失敗事例〜〜〜〜 第20回
■Yahoo! BB 日記には続きがあった!

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■eビジネス実践者の生の声 第7回 
      第一プラスチック株式会社 松田 雄一郎 様
     ■第一プラスチック株式会社
http://www.daiichiplastic.co.jp/
----------------------------------------------------------------------
このコーナーでは、毎回、eビジネス実践者の方に御登場頂き、成功の秘訣、
苦労したこと、失敗談などをお聞きしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネット通販と違って製造業のホームページはまだまだ確立されたもの
が少なく、みなさん試行錯誤されていると思います。
今までこのメールマガジンでは、インターネット通販のサイトの運営者の方の
お話が多かったのですが、今回は製造業のホームページにスポットを当ててみ
ました。

今回は、NC Networkの「エミダスホームページ大賞」で見事「グランプリ」を
受賞されました、第一プラスチック株式会社のホームページを担当しておられ
る松田さんにお話をお聞きしました。
■第一プラスチック株式会社
http://www.daiichiplastic.co.jp/
■エミダスホームページ大賞
http://www.nc-net.or.jp/emidas/grandprix/

■デザインはプロ任せ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
社長命令で2000年にサイトを開設されましたが、そのときは営業の松田さんが
ご自分で試行錯誤しながらホームページを作られたそうです。納得のいくデザ
インはできなかったそうですが、インターネットの効果は実感できたそうです。
しかし、「ここで自分で時間をかけてデザインを勉強することが果たしていい
ことなのか?」という疑問をもたれたそうです。
「そうじゃない。自分の仕事は営業であって、ホームページを作ることではない。」
ということで、半年後にプロに委託してリニューアルされたのが現在のページ
です。しかし、プロに任せっきりにするのではなく、サイトの構成や内容など
はすべて松田さんが指示したものをプロのデザインでアレンジして作り上げた
そうです。
こういったサイトの作り方としては、最もよい方法だと思います。
松田さんはデザインのプロではありませんので、目を引くきれいなわかりやす
いデザインはできません。
また、デザイナーは、デザインのプロであって商品や技術についての知識やど
んなページを作ればお客さんが集まってきて問合せをしてくれるのかといった
ことはわかりません。
そこは松田さんの仕事なのです。こうしてお互いの得意分野で仕事を分担する
ことで、より良いサイトが出来上がったのではないでしょうか。
そして、それが「エミダスホームページ大賞」の「グランプリ」という形で
評価されたのだと思います。

■製造業のサイトのメニュー項目は?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サイトのメニュー項目としては
会社概要
製品紹介
技術紹介
設備紹介
お問合せ
求人情報
リンク集
といった項目があります。
これをインターネット通販のお店のメニューと比べてみましょう。
インターネット通販のホームページ
会社概要 → お店の紹介
製品紹介 → 商品一覧
技術紹介 → 商品のこだわり
設備紹介 → ?
お問合せ → お問合せ
求人情報 → 求人(普通はありませんが)
リンク集 → リンク集
その中でインターネット通販や他のサイトでは当てはまらないのが
「設備紹介」ではないでしょうか?
私は、ホームページ上でわざわざ自社の設備紹介を載せる必要があるのかどう
かというのが疑問でした。
どんな設備を使って製品を作り上げているのか、その設備を載せているのです。
インターネット通販に置き換えると、この商品はどうやって作られているのか?
といった「こだわり」と受け取られそうですが、こちらはちょっと意味合いが
違います。
こういった部品などの製造業の場合、発注元は、一般消費者ではなく、メーカー
になります。メーカーの人間も詳しいので、発注したい商品がその事業者に作
れるかどうかは設備を見ればだいたいわかるそうです。
発注したい商品があって、注文を受けるという事業者があっても、その製品を
作れる設備がなければ、その事業者には作れない。つまりその事業者は受けた
仕事をまた外注することになります。それであれば、最初からその製品が作れ
る設備を持っている事業者に発注しますよね。
そういった意味で、設備紹介を載せるということは、自社にはこういった設備
があるからこんな製品が作れますよといった、「信用」につながるわけです。
松田さんは、
「こういった業種では、『設備紹介』は絶対に必要だと思いますよ」
とおっしゃいました。
確かに納得です。

■効果的なムービー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
また、その設備が実際に動いている様子をホームページ上で見ることができます。
http://www.daiichiplastic.co.jp/movie/
この迫力と説得力は、ムービーでないと伝わりませんね。
私は基本的にホームページ上の動画があまり好きではないのですが、こういっ
た使い方は賛成です。
しかも、ブロードバンドの方とナローバンドの方と見たいほうを見たい人だけ
が選んで見れるというのはとても親切な作りです。
逆に、ホームページを開いたとたんにいきなり
「プラグインをインストールしてください」
といってくるような高飛車なホームページは嫌いですね。

■初心者が見てもわかる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第一プラスチックさんホームページはプラスチックの真空成形や圧空成形につ
いての情報満載です。
http://www.daiichiplastic.co.jp/gijyutsu/index.html
「真空成形」や「圧空成形」という言葉を知らない人も、こちらのページを見
ると理解できます。
通常はプロが見ればわかるというサイトが多いのですが、サイトを訪れる顧客
はこちらが思っているほど商品について詳しくありません。
こういった情報を載せることによって、単に会社案内とするのではなく、役立
つ情報サイトにされています。
また、メリットだけでなくデメリットもきっちり報告していることで、安心感
を感じさせます。
http://www.daiichiplastic.co.jp/gijyutsu/torikumi.html

■問合せのフォームは作らない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第一プラスチックさんの問合せのページでは問合せフォームを使っていません。
通常こういったサイトでは、問合せのページでは
お問合せフォームを使う事が多いのですが、メールアドレスのみです。
http://www.daiichiplastic.co.jp/toiawase/index.html
こちらにもこだわりがあるようです。
※お問合せフォームとは↓こういったものです。
http://www.itri.co.jp/siryo.html

松田さん
「問合せフォームでよくあるでしょう?ちょっと聞きたいだけなのに会社名や
住所や電話番号を書かないと問合せができない。あと、いきなり図面を添付し
てくる方もおられるんですよね。だからメールで問合せできるようにしています」
確かにおっしゃる通りです。単に問合せをするだけで住所や電話番号必須とい
われると問合せしたくなくなりますよね。
ただ、私は、問合せフォームはあったほうがいいのではないかと思います。
・問合せのときに最低限これだけは教えて欲しいという情報があれば、
それをフォームの項目の中にあらかじめ入れておく。
・わざわざ入力しなくても選択できるようにしておく。
といったことで問合せがしやすくなる人も多いはず。
また、人によって問合せしやすい方法は違うはず。いきなり電話してくる人も
います。そういった意味で、電話でもファックスでもメールでもフォームでも
好きな方法で問合せできるようにしてあげることが必要なのではないでしょうか?
ただし、問合せフォームで必須項目をたくさん作るのはご法度です。

■得意なことをやる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こういった製造業の場合、どんどん新製品や情報が出てくるわけではありませ
んので、更新する内容はどうしても少なくなってしまうのですが、これでホー
ムページは完成したわけではありません。
松田さんは顧客の声を聞きながらわかりにくい部分などをどんどん更新されて
いるそうです。今は松田さんが更新されていますが、大きくリニューアルする
ことになった場合は、やはりプロに任せるそうです。
自分は得意なことをやり、それ以外は外注する。中小企業としてのあるべき形
だと思います。
また、松田さんとお話していて思ったのは、とてもインターネットの世界に精
通されているということです。正直こういった製造業の方で、これほど良く知
っておられる方はほとんどおられないと思います。
インターネット通販では良く買い物をされているそうですが、それが一つの要
因であることは間違いありませんね。
みなさんもどんどんインターネットで買い物しましょうね。

他にもまだまだお聞きしたことがあるのですが、書ききれないのが残念です。
とても勉強になりました。
松田さん、お忙しい中、本当にありがとうございました。
これからも、もっともっとサイトを良くしていってください。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■検索エンジン攻略セミナーの参加者から うれしいご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
検索エンジン攻略セミナーとビデオセミナーにご参加頂いた方から喜びのご報
告を頂いております。ありがとうございます。その中からいくつかご紹介させ
ていただきます。

大阪市 K様
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上位に表示されることが難しいとかいった知識は何も持たずにセミナーを受け
て言われた通りに登録したら、Googleで1位に表示されました。それほど難し
いことじゃないんでしょうか?

神奈川県 H様
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今まで検索してもどこにあるのか全然わからない状態でしたが、急にアクセス
が増えたので不思議に思って見てみると、Googleで「●●●●」のキーワード
で6位に表示されてました。かなり感激しています。

愛媛県 第一サービス・西原様 (ご了解頂いて全文載せてます)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> IT総合研究所 坪内様
>
> お世話になります。愛媛 第一サービス・西原です。
>
> ここ愛媛も毎日猛暑が続き、クーラーを常に持ち歩きたい衝動に駆られています。
> 大阪は、こちら以上に暑いでしょうね・・
> 実は、嬉しい報告があります!
>
> 地域ポータル「えるナビ」についてなんですが、
> Googleでの検索結果が大幅に変わりました。
>
> 「今治 地域情報」 2位
> 「松山 地域情報」 3位
> 「しまなみ 地域情報」 4位
> 「愛媛 地域情報」 7位
>
> 「今治 グルメ」  3位
> 「松山 グルメ」  1位!!
> 「しまなみ グルメ」 4位
>
>
> 松山 グルメ で検索した時は感動を憶えました。
> 1位っていうのは 嬉しいですね〜
>
> これも坪内さんのお蔭です。本当にありがとうございます!
>
> これで検索してサイトに誘導する段階はある程度クリアーされました。
> 後はコンテンツの充実に専念していきたいです。
> サイトに来てくれた人にリピートして訪問してもらえるような仕掛け作りを考え
> ています。
> メルマガもその一つですが、やっぱりディープな記事も魅力あるサイトの一要素
> と言えそうな気がします。
>
> ではでは暑さに負けず、がんばっていきまっしょい
>
> 近況報告でした。
西原さんは、松山、今治、しまなみ街道などのポータルサイトを運営されています。
愛媛に興味のある人は必見ですぞ。
  ■えるナビ  
→ http://www.l-navi.co.jp

みなさんありがとうございます。こんなご報告を聞くと私も大変うれしいです。

そうそう。イタリア料理のマリーノさんも「イタリア料理」という難しい
キーワードで、Googleでみごと1位をキープされています。
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&q=イタリア料理

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ログ解析サービス無料おためしキャンペーン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先月のメルマガでログ解析は絶対必要といいましたが、検索エンジン攻略でも
ログ解析は絶対に必要です。
なぜか?
せっかく検索エンジンであるキーワードで上位に表示されるようになったとし
てもそのおかげでアクセスが増えたかどうか確認しないといけませんよね?
単にアクセス数が増えたかどうかの確認だけではそのキーワードでやってくる
人が増えているのかそれほどいないのかはわかりません。
ログ解析を使うと、検索エンジンで検索されて自社のホームページにやってき
た場合、どこの検索エンジンでどういったキーワードで検索されてきたのかを
知ることができます。
たとえば、広島の生牡蠣を売っているとして、キーワードは
「生牡蠣」がいいのか
「酢牡蛎」がいいのか それとも
「広島 牡蠣」がいいのかやってみないとわかりません。
まずどれか一つで検索エンジンの上位表示を狙い、上位に表示されたときにど
のくらいのアクセスがあるかを検証します。そのキーワードで上位に表示され
て、検索によるアクセスが一気に増えればキーワードが間違っていなかったこ
とになりますし、キーワードで1位に表示さているにもかかわらず検索エンジ
ンからのアクセスが増えない場合は、キーワードが間違っていたことになり
ますので、他のキーワードで上位表示を狙う必要があります。
それを検証するには絶対にアクセスログを分析する必要があるのです。
「しかし、そんなこと言われてもどうすればいいかわからない。」
「プログラムの知識は何もない。」
という方のために、弊社ではアクセスログサービスをしています。難しい設定
は何もありません。指定のテキスト文をホームページのHTMLの中に張りつ
けるだけです。
月額 \2,500- という低価格でサービスしていますが、ちょっとどんなものか試
してみたいという方のために抽選で5名(社)様に限り、3ヶ月無料で使ってい
ただくキャンペーンをします。
応募の条件は、
1、ログ解析を使ってみたいと思っている人
2、自分のホームページを持っている人
3、HTMLを多少触れる人(ホームページビルダーなどのソフトで十分です)
4、使ってみてよかったら今後も使い続けようと思っている人
です。

ご応募はこのメールの返信で御願いします。
----------------------------------------------------------------------
ログ解析サービス無料おためしキャンペーン応募フォーム
会社名(会社の場合):
部署名(会社の場合):
お名前 :
メールアドレス :
ホームページURL :
----------------------------------------------------------------------
無料おためし期間は3ヶ月です。もちろんその後使うかどうかは自由。
抽選で5名(社)様
締め切りは9月6日(金曜日)です。当選者には9月13日までにご連絡します。

そんなこと言わずにすぐに申込みたいという方は、
----------------------------------------------------------------------
ログ解析サービス申込フォーム
会社名(会社の場合):
部署名(会社の場合):
お名前 :
メールアドレス :
ホームページURL :
電話番号 :
郵便番号 〒 :
ご住所 :
サービス名   ログ解析サービス
金額 2,500円×6ヶ月分 =15,000円(お支払いは6ヶ月分まとめて)
----------------------------------------------------------------------
9月6日(金曜日)までにお申込頂いた方は特別に3ヶ月間無料サービスさせて
いただきます。つまり6ヶ月分の料金で9ヶ月使えます。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■IT処方箋  〜〜〜〜IT導入の成功事例・失敗事例〜〜〜〜 第20回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回もインターネット通販を行うときの落とし穴。
すでに何らかの形でネット通販を始めている企業の多くが、「うちはアクセス
がないから売れないんだ」と悩んでいる。
そのために、どうしたらアクセスがアップできるのかを一生懸命考えて、検索
エンジンに登録したり、メールマガジンを発行したり、場合によっては、有料
のインターネット広告を行ったり。
 9月にご相談があった「深層イオン水」を販売しているA社では、「まず商
品の知名度上げることが先だ」とアクセスアップだけに注力し、毎月毎月デジ
カメや携帯情報端末(PDA)など人気のある商品ばかりをプレゼントし続けてきた。
魅力的な商品が多かったこともあって、毎月1万件以上のアクセスがあり、
社長はアクセス数に大満足。ところが、6ヶ月たったところで、自身満々で
応募者にメールでDMを行ってみたところ、ほとんど反応(アクセスや注文)は
ない。
「今まで費やしてきたプレゼント費用はいったいなんだったんだ。
どうすれば名簿をうまく利用できるのか」と、困り果てて相談があった。
 プレゼントに応募する人は賞品がほしいだけの懸賞マニアであり、決して
「深層イオン水」を買いたい健康志向の見込み客ではないということを再認識
して、現在は応募した方に自社商品をプレゼントするという企画でメールDMを
行い、立てなおしを図っている。

[IT総合研究所所長 佐久間 剛志]
━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
■Yahoo! BB 日記には続きがあった!
━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
こんな話、聞きたくない人も多いと思いますが・・・言わずにいられない。
昨年7月に申し込みをして、やっとつながったと思ったらつながったりつな
がらなかったり。
すぐに連絡をするといわれて1ヶ月以上ほったらかし。
怒ると逆切れされて電話中にいきなり電話を切られて・・・

しばらくして他の担当者から何事もなかったように電話がありました。料金の
確認です。事の顛末を話すと向うも「そんなオペレーターがいるなんて信じら
れません。」との返事。確認しますと言われて、再度連絡がありました。
そして、その担当者はクビにしました。とのお返事。(本当でしょうか?顧客
の怒りを静めるためにでっち上げているとしか思えませんが・・・)
私も腹の虫がおさまらないので、今までの経過報告と謝罪文を送ってください
と御願いしました。謝罪文が送れるかどうか確認してみますので、(明らかに
自分が悪いと思っても謝罪しないかもしれないというスタンス)ということで
確認してからメールで謝罪文が届きましたが、その内容も呆れるものです。
署名も何もなく、到底謝罪文とは思えません。
すぐにこのような内容では納得できない旨の返信をしました。
2日後に返信メールに対する電話がありました。(早かったですが、平日の
昼間に自宅に電話しても私がいるわけありません。わざとその時間を狙った
のでしょう。)またしばらくして留守電が入っていましたが、また電話しま
すという電話が最後でそれ以降連絡はありません。今まではさんざん携帯に
電話をしてきていたのに携帯には電話してこないんですよ。どう考えてもわ
ざとですよね。
その後こちらから3回メールを送りましたが、そのメールに対する返信も未だ
ありません。

━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
■編集後記 
━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
お待たせしました。って待ってないですか?おかげさまで次男坊が8月2日に
無事生まれました。お腹にいるときは小さい小さいと言われていましたが、
生まれてみると3270gありました。
一人目は私にそっくり(本当は私の父親にそっくり)ですが、二人目は誰に似
ているのか未だにわかりません。
しかし、赤ちゃんってこんなにちっちゃかったっけ?3歳になったばっかりの
お兄ちゃんが急に大きく見える今日この頃です。

今回のメールマガジンは?
 いつも面白い。 → http://www.itri.co.jp/melmag/ans_a.html
 いつもより面白い。 → http://www.itri.co.jp/melmag/ans_b.html
 いつものほうが面白い。→ http://www.itri.co.jp/melmag/ans_c.html
 いつも面白くない   → はありません。あしからず。

━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━━━━
----     IT総合研究所では、 -----
----    インターネットを使った、「売上アップ・集客アップ」 -----
---- のお手伝いをしています。 -----
●売上のできるホームページを作りたい。
●ホームページはあるがアクセスが増えない。
●ホームページはあるが売上・集客につながらない。
●いい商材はあるがどうやって売っていいのかわからない。
●学習会などで講義をして欲しい。
そのほかITに関することならなんでも御相談下さい。
ありきたりのご提案はしませんよ。
資料請求・問合せは
→ http://www.itri.co.jp/siryo.html
  ☆☆☆メールの転送大歓迎です!☆☆☆
  ☆☆☆転送される場合はメールをそのまま転送するか、☆☆☆
  ☆☆☆弊社のメールマガジンであることを明記してください。☆☆☆
                       
編集・発行:IT総合研究所 編集 坪内利文
http://www.itri.co.jp/
mailto: info@itri.co.jp
◇◆━━━Copy Right & Copy Allright Reseaved 2002 ITRI,inc ━━━◇◆

登録

登録されたい方は、メールマガジン登録のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。

解除

購読を解除されたい方は、配信解除のメールアドレス欄にメールアドレスを記入して『解除』ボタンを押してください。

変更

購読のメールアドレスを変更されたい方は、新しいメールアドレスで登録された後、古いメールアドレスを解除してください。

メールマガジン登録

E-MAIL

メールマガジン配信解除

E-MAIL



   ご相談されたい方 費用を知りたい方

メールマガジン バックナンバー

ページトップへ