ホーム > 絶対に失敗しないホームページ制作会社の選び方

絶対に失敗しないホームページ制作会社の選び方 その方法とは・・・

こんなホームページ制作会社を選択しないでください!

 初めてホームページを開設されるか、とりあえずご自分でホームページを制作したが本格的に外部の制作会社に依頼しようとお考えの企業様に申し上げます。
昨年くらいから非常に多くのホームページ制作会社が、検索連動広告や電話セールスによる積極的な営業を展開していますが、安易にホームページ制作会社を選択してしまうと、単にWEB戦略として失敗したというだけでなく、 御社の将来を左右しかねない重篤な事態になってしまいますので十分にご注意ください。
 弊社にお問い合わせをいただく企業様からは、「契約したが何もフォローしてくれない」、「業者を変えたいが契約があるので止められない」、「発注時の話と全く違い成果が全然出ていない」といったお声が相変わらず後を絶ちません。 このようなご案内は、競合批判のようで決してスマートな内容ではありませんが、あえてここで「絶対に失敗しないホームページ制作会社の選び方」についてご案内させていただきます。
 それは私たちが、「日本国内のすべての企業にIT(情報技術)を十二分に活用していただくこと」をミッションとしており、 単なる儲け主義でITのことをよくご存じでない中小企業様を困らせている業者を、どうしても許すことができないからです。

なぜ選択するといけないのか
「初期費用0円サービス」は最も陥りやすい間違いです。
「制作実績●000件」は信頼できますか?
とにかく低予算で制作しても何も結果はでません。

「初期費用0円サービス」は最も陥りやすい間違いです。

「初期費用0円サービス」は最も陥りやすい間違いです。

 本来ホームページ制作会社とは、顧客である企業様へホームページを制作してご提供することが業務のはずです。 そのホームページ制作業務を無料で提供し、専用パソコンや更新ソフトの代金として5年間におよぶリース契約を要求する業者には特にご注意ください。

 よくお考え下さい。5年間におよぶリース料金を合算すると安くても120万円以上の費用を支払うことになります。 このリース契約は途中で解約しようとしても残金を一括で支払わなければ解約することができません。

 一旦契約してしまうと5年間は毎月毎月料金を支払い続けなければなりません。 しかもそのようなホームページ制作会社は、初めにリース契約を済ませてしまえば、お客様のお支払状況とは無関係に、 契約の翌月にはその全額5年分のすべてをリース会社より現金で受け取っています。

 先に5年分の費用を回収してしまえば、お客様にご不満があっても一向に気にならないようです。 すでに料金をいただいてしまったお客様に対して、懇切丁寧にアフターフォローができるでしょうか。 始めからアフターフォローのことなど何も考えることなく、ただただ新規に顧客を増やすことしか考えていません。

 ひどい場合には、契約時に対応した営業マンが2度と顔を出さないということもあるようです。 こんなホームページ制作会社に御社の将来を託すことができますか?もしこのホームページをご覧の方で、このようなホームページ制作会社からの提案を検討しておられる企業様がいらっしゃるようでしたら、 今すぐ検討を打ち切られることを強くお勧めいたします。

「制作実績●000件」は信頼できますか?

「制作実績●000件」は信頼できますか?

 全国的な組織で、東京・大阪・名古屋などの大都市圏に営業拠点を持ち、全国トータルでの制作実績が4000件、5000件と主張しているホームページ制作会社があります。 しかし実際には、対応する地域ごとに実績数を見てみると数百件の実績しかなかったり、業種も多種多様でただ単にホームページをたくさん制作しただけのようにしか見えないのではないでしょうか。

 たくさんホームページ制作の実績があることは良いことかもしれません。 ただ現実的に考えてみると、わずか1年の間に数百件のホームページを制作しようとすると、それに見合う受け皿としての制作スタッフが必要なのではないでしょうか。

 ホームページ制作は工場で製品を作るのとは訳が違いますから、仮に最高に効率的なホームページ制作の組織的なしくみを構築できたとしても、 お客様の戦略を考えてお客様にあったホームページを設計するWEBコンサルタントの人数を削ることはできないのではないでしょうか。

 1人のWEBコンサルタントが1ヶ月に対応できる件数は、多くても3〜4件、真剣に丁寧に対応しようとすると1〜2件が限界と思われます。 そのような現状であるにも関わらず、わずか数名のWEBコンサルタントで月に20件30件という制作実績が生まれてくるという状況には正直驚かされます。 いったいどのようなペースでお客様の戦略を考え、ご提案できているのでしょうか。

このような「制作実績●000件」とPRしている企業ほど、1件1件のお客様を大切にしない営業主体の儲け主義のホームページ制作会社だと思いませんか。 制作実績の件数に惑わされることなく、もう一度真剣に信用できるホームページ制作会社なのかをお考えください。

とにかく低予算でホームページ制作しても何も結果はでません。

とにかく低予算でホームページ制作しても何も結果はでません。

 ここ数年の間に恐ろしいほどの数のホームページ制作会社が生まれています。 弊社の対応地域である関西地域だけでも個人企業を含めれば数百あるいは数千のホームページ制作会社が存在していると思われます。 そのような状況のなかで、特に最近若い企業による低価格のホームページ制作サービスが目立つようになってきました。 またそのような価格破壊に影響されて、実績のあるホームページ制作会社までもが低価格対応を迫られています。

 ホームページ制作は、形のある製品を生産するわけでもありませんし、商品を仕入れて販売するわけでもありません。 ですからこの業界はまとまった資本がなくても、わりとたやすく参入することが可能です。 しかしながら、これだけ競争が激化してくると簡単にお客様からホームページ制作のご依頼を受けることはできません。 他社に負けない圧倒的な強みがなければ、ホームページ制作のご依頼も受けられませんし、実績がなければお客様からの信頼を得ることもできません。

 最近では、とにかく実績を増やしたい、1件でも仕事に結びつけて会社を継続させたいといった理由から、 不必要に制作費用を値下げしているホームページ制作会社が目立つようになってきました。5ページで5万円、10ページで10万円以下など金額だけをみるととてもリーズナブルに見えます。

 ただしよく考えてみてください。ページ数の多い少ないは一概に言えませんが、このように低価格でパックにしているホームページの多くは、 できるだけ打ち合わせやアフターフォローに手間をかけないことが前提で価格設定されています。 そのため言い方は悪いのですが、とにかく形だけのホームページしか制作することができません。 そのため少し改良(カスタマイズ)や内容の追加を依頼すると、結局それほど安い価格ではなくなってしまいます。 また、仮にそのようにホームページ制作するとしても、御社の目標に合わせたWEB戦略を提案したり、結果が出るまでアフターフォローするようなことは一切ありません。

 一時的なホームページ制作費用だけで判断して、結局何の結果も出せないようなホームページ制作は、たとえ少額の投資であっても貴重な御社の資産をドブに捨てるようなものです。 かといって、ホームページ制作は費用をかければかけるほど成功するというものでもありません。

 積み重ねた実績から来る成功のためのノウハウを持ったホームページ制作会社であれば、必要な工数には必要な費用の御見積をしますし、 御社のWEB戦略が成功することだけを考えて不必要な追加機能なども提案しません。 御社がホームページ制作および運営にかけた費用をできるだけ短期間で回収し、 少しでも御社の(企業としての)利益が最大化するような提案をするホームページ制作会社を選ばれることが大切です。

   ご相談されたい方 費用を知りたい方


技術的にはどこも同じように見えますがこんなところで差が出ます。

 多くのホームページ制作会社では、アピールしている項目がほとんど同じで、何を基準にホームページ制作会社を選んだらよいのか迷っておられるのではないでしょうか。 「SEO対策が得意」、「デザインに自信あり」、「制作実績が豊富」、「ブログタイプの更新システムで更新費用なし」、「企画力に自信あり」など、 どのホームページ制作会社も同じような項目をアピールしており、一見するとどこも同じようで差がないように見えます。
 しかし本当にこのようなホームページ制作会社には差がないのでしょうか?たとえば以下のような項目で、各ホームページ制作会社の内容を比較検討してみてください。 おのずと何が本物で、何が信用に値するかをご理解いただけると思います。御社がホームページ制作を依頼する際の失敗しないホームページ制作会社選びのご参考になれば幸いです。

なぜ結果に差が出るのか
的外れな「検索エンジン対策」はかえってマイナスです。
デザインの良さは結果にどれだけ影響しますか。
その「企画力」は本当に信用できますか。
最後に

的外れな「検索エンジン対策」はかえってマイナスです。

的外れな「検索エンジン対策」はかえってマイナスです。

 最近「SEO」という言葉をよくお聞きになるかと思います。 「SEO」とはYahoo!やGoogleなどの著名な検索エンジンで、目的とするキーワードで1ページ目の上位に表示されるように対策することです。

しかし、狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示されさえすれば、 ホームページへの集客はバッチリでそれだけで安心できるとお考えではありませんか。 本当に「SEO」だけで狙ったとおりの結果が出るのでしょうか。

 たとえば御社の競合企業が「SEO」で上位にあった場合、その競合企業は間違いなく御社よりも多くの問い合わせや引き合いがあり、 多くの新規取引が成立しているのでしょうか。「SEO」は魔法のツールではありません。使い方を誤るとかえって結果を悪くする場合も考えられます。

 「SEO」で最も大切なことは、どのようなキーワードを選択し、どのような表示のされ方をしてターゲットにアクションさせるかということです。 通常初期の制作段階で「SEO」を意識したホームページ制作を行いますが、1つのサイトに対して原則1〜2のキーワードで対策を行います。 もしこのホームページ制作の時点で、間違ったキーワードの選定を行ってしまったとすると、仮に「SEO」対策が成功して検索エンジンで上位に表示されるようになったとしても、 求める引き合い(問い合わせ)の数が得られなかったり、引き合いは来るが新規取引に結び付かないといった状況になります。

 キーワードの選定は、ホームページ制作を発注される企業様だけで決めるのではなく、 ホームページ制作会社との打ち合わせで決定することが多いかと思います。 その際に、できるだけその企業様の業界の知識や実績を持ったWEBコンサルタントと検討されたほうが、間違いのないキーワード選定ができるのではないでしょうか。

 たとえば製造業の企業様で金属加工を主としておられる場合に、「金属加工 大阪」というキーワードで「SEO」対策すれば、 多くの引き合いが来て新規取引が成立するのでしょうか。 ここでターゲットとなる金属加工を依頼されたい企業の担当者様について、どのような状況でこのターゲットが検索しようとしているのかということを知っているかいないかで、 この金属加工の企業様に適したキーワードの提案は変ってきます。

 メーカーなどの加工を発注できる立場の人は、何かの加工で行き詰っていたり、新規の開発段階で試作したいと考えるときに、 求める金属加工ができる製造業の企業を検索により探すのではないでしょうか。 そのような場合には「チタン合金 超塑性成形」であったり、「短納期試作金型 大阪」などのキーワードで「SEO」対策したほうが、新規取引に結び付きやすいのではないでしょうか。

 このように「SEO」対策においては、単に検索エンジンの上位に表示されたらよいというだけでなく、どれだけ結果に結び付けることができるかが重要なポイントなります。 その意味では、自社と共通の業界における実績とノウハウをもったホームページ制作会社を選ぶことが、単に「SEO」だけではなくWEB戦略全体を成功に結び付けることになります。

デザインの良さは結果にどれだけ影響しますか。

デザインの良さは結果にどれだけ影響しますか。

 ホームページがきれいにスッキリ見えることは、企業イメージにとって非常に重要な要素であることに違いありません。 しかし、デザインに凝りすぎてその企業の本当にアピールしないといけないポイントやテーマが伝わらなかったら、何のためのホームページなのかわかりません。

 御社が非常に大手企業様であり、商品ごとのブランディングのためにサイトを活用するという場合には、 デザインやブランドイメージ最優先で展開していく必要があるかも知れませんが、それ以外の場合には、過度にデザインセンスにとらわれることはマイナスの要素となります。

 一般消費者向けの通販サイトの場合やサービス業のサイトの場合には、確かにデザインの凝り方によって売り上げや実店舗への集客に大きな影響を与える場合があるかもしれません。 しかし、製造業や企業間取引の企業様の場合、あまりにデザインにこだわりすぎることは企業としてのイメージを歪めてしまう場合もありますので、十分に慎重に進めることをお勧めします。

 ホームページ制作会社の中には、今まで印刷媒体のグラフィックデザインを中心に活動してきた企業で、近年にホームページ制作も行うようになった会社もあります。 そのようなホームページ制作会社の場合、確かに垢ぬけたデザインセンスのホームページを制作することも可能かも知れませんが、そのことによってどれだけ新規取引先獲得に影響があるのでしょうか。 全体のレイアウトを少しでもスッキリと見せたいために、必要以上に小さなサイズの文字を使用したり、イメージ画像ばかりが先行して企業の雰囲気が伝わらず、 冷たい感じのホームページになってしまい人間らしさや信頼感に欠けるホームページになってしまう場合などがあります。

 デザインはきれいなほうが印象はよいのですから、ある程度はデザインセンスも必要となりますが、 それ以上にその企業の目的を達成するための企業としての強みがわかりやすく伝わることが重要となりますので、 少しでも多くの同業種の制作実績を持つホームページ制作会社に依頼されることが失敗のないホームページ制作会社選びになります。

その「企画力」は本当に信用できますか。

その「企画力」は本当に信用できますか。

 まともなホームページ制作会社から提案をお受けになると、「ホームページ企画費」とか「戦略策定費」という見積り項目があるかと思います。

そのような費用が見積り項目に上がっていないホームページ制作会社は、その時点で御社がホームページ制作で成功するためのホームページ制作会社ではないとお考えになられたほうが賢明かと思われます。

 戦略や企画もなしに思いつきでホームページ制作を行っても絶対に成功することはありません。

 そして、ホームページ制作会社から提案された「ホームページ企画」や「戦略」が、本当に信用のできるものかどうかを十分に検討される必要があります。 前述の「SEO」対策や「デザイン重視」のところでも触れましたが、ITの技術やWEBデザインの技術に強いホームページ制作会社はたくさんありますが、 御社の業界の知識や実績があり、的確な戦略を提案できるホームページ制作会社はそんなに多くはありません。

 さらに単にその業界の知識があるだけではなく、どのような戦略やアクションが効果を生み出しやすいのかという経験に基づいたノウハウのあるホームページ制作会社となると、さらに絞られてくるのではないでしょうか。

最後に

 今回、おもに新規にホームページ制作をお考えの企業様向けに、「絶対に失敗しないホームページ制作会社の選び方」をご案内いたしました。

 ここに記載しました内容はどれも誇張したり架空の出来事ではなく、実際に起こっている現実の内容です。

 私たちは、あれこれと他社批判を行って、ただ単に自社にホームページ制作のご依頼をいただきたいと考えているわけではありません。

 ホームページ制作会社が乱立し、実際にホームページ制作を依頼されたい企業様が、本当にその選択に迷われることが多く、 誤って粗悪なホームページ制作会社に騙されて困っておられる現状を少しでも改善したいという思いでこのコンテンツをご案内しております。

確かなホームページ制作会社を選択されて、御社のWEB戦略が成功されることを祈願いたします。

   ご相談されたい方 費用を知りたい方
ページトップへ